読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

な、なんと?サカタのタネのおすすめ「人気ショップ」ならコチラ!

発芽地温が20度は必要なので、夜間は、ビニール袋などをスポッとかぶせて温度を保つと、発芽が良く揃うと思います。知名度はあまり高くありませんが、前述のとおり、花タイプの緑のカーテンにはイチオシです(←個人的には)。=ただし、短日性植物で昼間時間が短くなったことに反応して、花が咲きますので、7月下旬頃からの開花となります。

コチラですっ!

2017年03月23日 ランキング上位商品↑

サカタのタネ花の種 オール1割引き! るこう朝顔 小袋サカタのタネ

詳しくはこちら b y 楽 天

そのような時、私は「るこう朝顔がいいと思います」とお勧めしています。地温さえあれば発芽率はいいです。=直まきでも大丈夫なようです。=画像は昨年こちらのるこう朝顔で作った緑のカーテンの様子です(2016.9月撮影)。日曜日にもかかわらず!クロネコメール便で注文した日に送って下さり!おかげで手元に早く着き!ありがとうございました。=お客さんから「お金かからず!手間要らず!それでいて綺麗な緑のカーテン用の植物ってないかしら?」と大変難しい質問がよくあります。今年もこちらをお願いしようと思っています(*^^)v。=強健で生育旺盛なので!緑のカーテン用に毎年購入しています。=ただし、短日性植物で昼間時間が短くなったことに反応して、花が咲きますので、7月下旬頃からの開花となります。よろしかったらご覧ください。=私は!心の中でまあ2.5m×3mで大きいから存在感は有るだろうなあと思いながら!「はぁ!そうでしょうか〜?」と答えていますが…。よって街灯などが近くにあって!夜間も明るい場所では花がつきにくくなりますので!注意が必要です。るこう朝顔、大手種苗メーカー・サカタのタネの商品です。=育て方はポット育苗で!GW頃前頃種まき(当地は平野部中間地です)。 サカタさんより、本体価格も、送料もお安いですしね。種1袋で苗10本ほど作れます。=花期は7月下旬頃から11月霜が降りる頃まで、と長く、鮮やかな赤花を次々と咲かせます。ご近所で最近流行っています(笑)=今月は!ハーブ!緑のカーテン関連のレビューを多く投稿しています。=花期は8月から11月霜が降りるまで!と長く!鮮やかな赤花を次々と咲かせます。=こちらはサカタの種の商品です。強健で生育旺盛。「るこう朝顔」で作った緑のカーテン(写真)を見て、大きな犬の散歩をしている男性ご近所さんから、夏場は毎朝タイトルのように言われます。種1袋で10〜15苗ほど作れると思います。=小花ながら鮮やかな赤で!緑とのコントラストが良く出て!インパクトがあると思います。=育て方はポット育苗で!GW前後頃種まき(当地は平野部中間地です)。私の名前をクリックするとレビュー一覧が出てきますが!それの2016年3月です。発芽地温が20度は必要なので!保温性の高い発砲スチロール箱の中で!ビニール袋をスポッとかぶせて温度を保つと!発芽が良く揃います。よって街灯などが近くにあって!夜間も明るい場所では花がつきにくくなりますので!注意が必要です。=小花ながら鮮やかな赤で、緑とのコントラストが良く出て、インパクトがあると思います。